2011年08月25日

WM8-2「王と道化師」

 ウィンダスミッション8-2「王と道化師」クリアしました!

 ゲートでミッションを発生させたら、まずは森の区にある手の院(H-9)Apururuの元へ。

 そして、兄さんを助けるために、シャントット様の助言に従い、まずは5つの院長の指輪を求めて各院長をめぐるお仕事に。

 シャントット様が喋るたび、もう林原さんの声で脳内再生さるる…



 簡単なところは、まずは依頼人であるApururuから「手の院の指輪」、そして水の区の目の院(北・G-8)にいるTosuka-Porikaからイベント後に「目の院の指輪」をもらえます。


 次はウィンダスを飛び出してダボイとフェ・インへ。

 ダボイでは、前ミッション「ヴェイン」でも向かった(J-8)Sedal-Godjalから、「耳の院の指輪」をもらえます。

 そして、途中の証クラスのオークは90でも絡んできます。

 一体一体は弱いけどめんどくさいので、インスニでサクッと行ってきました。

 鼻の院院長Rukususuはフェ・イン地下の小部屋の中(F-6)にいますが、Cermet Doorを調べるとイベントが始まります。


 そこで「鼻の院の指輪」をもらったら、今度はウィンダスに戻り、再度Apururuの元へ。

 口の院の指輪は守護戦士のSemih Lafihnaが持っていることから、なんとか彼女からもらうことができないかと天の塔を訪れることに。

 しかし天の塔でKupipiと話すと、おもいっきり怪しまれた揚句、彼女は不在ということが判明します。

 そこでSemihの後を追って、外ホルトト遺跡(G-8)へ。

 行くまでの道中、道によっては、途中のコウモリとスライムが強化されていて、90でも絡まれまくるので注意です。

 急に強さが変わるのはひどいと思うの…

 目的地のCracked Wallを調べると、カーディアンのNM・赤魔道士タイプのQueen of CoinsとナイトタイプのQueen of Swordsが出現。

 90の青魔とモンクのコンビで余裕で勝てたけど、2アビを使ってくるのでちょっとめんどいです。

 ソロでも行けそうな感じではありましたが。

 撃破したら、もう一度壁を調べたらイベントが。

 話はスターオニオンズ団のクエストとも絡んできます。

 そしてイベント後、「口の院の指輪」ゲット。



 5つの指輪が揃ったらウィンダスへ戻り、まずはApururuへ報告。

 次は石の区(K-7)のShantotto様の所へ行き、だいじなもの「常夜の手袋」をもらいます。

 そしたらまたまたApururuの元へ。

 そして、兄さん救出のため、闇牢へと向かうことに。



 次なる目的地は内ホルトト遺跡の魔封門を越えた先、(I-7)のGate of Darkness。

 ここには東サルタバルタ(J-7)の塔か、トライマライ水路から来ることができますが、どっちにも90から見て楽や丁度の敵が配置されています。

 サルタバルタ経由の内ホルトト遺跡隠し扉内部のはインスニかけてたので絡むかはわかりませんでしたが、水路の奴はおもいっきり絡んでくるので、インスニ用意していった方が無難です。

 Gate of Darknessを調べてイベントを見たら、ウィンダスへ戻ります。

 魔封門が中からは開けられないので、帰りは水路を抜けるか、デジョンするか、魔封門外で開けれる人に待っておいてもらわないといけません。

 ウィンダスではまたまたまたまたApururuに話し掛け、イベント後、めでたくランク9に昇進ヽ(´ー`)ノ

 ウィンダスミッションもいよいよ佳境に入ってきました。
posted by りび at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | FINAL FANTASY XI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。