2010年03月17日

百日祝い&お宮参り

 今日は、先日行ったハルのお祝いごとを少々。

 土日に百日祝いとお宮参りをやってきました。

 「百日祝い」とは別名「お食い初め」とも。

 一生食に困らないようにとの願いをこめて、生後100日目の赤ちゃんにご馳走を用意して食べさせる儀式ですが、地方によっては110日など、日が違うところもあるようです。

 食べさせるとはいっても、まだこの時期の赤ちゃんはものを食べることはできない(お子さんによっては野菜の煮汁や果汁をもう食べ初めている子もいると思いますが)ので真似事だけ。

 用意するお膳の内容も地方によっていろいろあるようですが、よく聞くものにはお赤飯にお吸い物、尾頭付きの鯛があるようです。


 今回ハルに用意したものはお赤飯・澄まし汁・尾頭付きの小さな鯛・タコ足・高野豆腐・煮物・漬物など。

 とはいっても、ハルのお膳用なのでほとんどスーパーのお惣菜の小さなパックを買ってきてお膳に並べただけw

 鯛は収まりきらずに別皿になってしまいましたが・・・w


 お膳は西松屋さんで両親が購入してきてくれました。
 これが、男の子は赤椀で、女の子は黒椀なんだそうな。

100313_163628_edhyakunitiiwai1.jpg

 本来はおせち料理のように、それぞれ意味合いがある料理(蓮根は先を見通せるように、等)を用意するようですが、自分たちも互いの両親たちも正確にはわからなかったため、形だけでも、とそれぞれ親戚などから聞いたものを合わせたもので。

 旦那の実家の大阪では「一足お先に末永く」という意味合いでタコ足を1本吸わせる、ということでイイダコというあまり大きくないタコをまるまる湯がいてみたり。

100313_163644hyakunitiiwai2.jpg

 また、吸盤で吸い付くことから、いいことが吸い寄せられるように、という意味や、中国で8という数字は縁起の良い数字なので8本足のタコを食す、などいろんな意味を持っているようです。

 大阪の親戚の子はタコ足を口に持っていったらちゅっぱちゅっぱ吸ったそうですが、ハルはぺっ('Д')、と押し出すわ次第にギャン泣きするわで、本当に形だけw

 それぞれ少しづつ口につけたあとは、大人で食べさせていただきましたw



 次の日曜には両家揃ってお宮参りへ宮崎神宮に。

 これも本来なら男の子は生後31日、女の子は生後32日目に氏神様の神社へお参りする(この日にちも地方によって変わるようです)のですが、ハルの1ヶ月頃は1月初め。

 寒くて雪の降ってる頃なので、暖かくなってから皆で行こうという話になり、今回百日祝いに合わせて行ってきました。

100314_135108omiyamairi1.JPG

 大安の日曜ということもあり、同じお宮参りや厄払いの方たちでお祓いは受付ごとに数組まとまって、1つのグループが終わると入れ替わりで次のグループが拝殿へ上がりお祓いしてもらう、と順次行われていました。

 自分たちの番にも、お宮参りの子だけでも10組近く(@_@;)

 ここまで多いとは思っていなかったw

 前もってオムツと授乳を済ませていたのに、祈祷中にハルがギャン泣き初めて焦ったりもしましたがw


 今回危なかったところは、事前に予約などがいるのか神社に問い合わせた際、予約は必要ないが11時から結婚式が入っているため、10時半頃までには受付して欲しいと言われました。

 この日だけで6組も入っているそうなw

 大きな神社でお祓いなどを予定されている方は、前もって神社の社務所等に問い合わせてみた方が確実かと思われます。


 また、お宮参りにも作法があるようで、正しくは父方の祖母(私から見たら義母)が赤ちゃんを抱いていくそうです。

 自分たちは、自分の母が私たちを抱いて行ってたので、私も自分で抱いていってしまいましたがw

 他の人たちも、祖母が抱いている人もいれば、私のように母親が抱いている人も多かったですし、父親が抱いている人もいました。

 正しくは上記の形なのでしょうが、抱ける人が抱く形でも大丈夫だと思います。


 また服装も、一昔前は女性は黒の留袖、というのがセオリーだったようですが、今は結構自由な気風。

 着物・スーツ・普段着なんでもあれなようです。

 自分は今回はちょっとピシッとした感じの普段着。

 授乳口の付いたチュニックにスカート、タイツとパンプスという格好でした。

 他のお母さんたちは、スーツ姿の人がやはり多かったかな。私のようなあまりラフすぎない普段着という格好の人もそれなりに。

 着物姿の方は、自分の周りでは見かけませんでした。

 着物も個人的にはとてもいいと思うのですが、母乳の人は簡単に授乳が出来ないのが難点かなぁ・・・

 すぐ近くでそんなに時間かからず帰ってくるとか、哺乳瓶であげている、という場合だったら訪問着もいいと思いますが。

 お父さんの方は、うちの旦那も含めやはりスーツ姿の方多し。

 その点は男性の方が楽かもしれませんw


 そんなこんなで無事にお宮参りも終わり、あとは家族揃って記念撮影をして終了v

 互いの家族が来て少し忙しい週末でもありましたが、なかなか体験できることでもないためとても楽しかったです^^


ラベル:Jr.
posted by りび at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。