2009年07月27日

スレイヤーズEVOLUTION-R 第11話「Xeno 復活の代償!」レビュー&感想?

 今日は、先日購入したDVD、スレイヤーズEVOLUTION-R Vol.5と、第11話「Xeno 復活の代償!」について。

 ネタバレを避けたい方は先に進まれませんようご注意ください。

 まずは最終巻のブックレット。

 最初に、今回はキャラクターでなく、監督の渡部高志さんのインタビューが載ってます。

 あとはREVO、EVOの8つの謎に答えていたり、シャブラニグドゥの紹介、11話〜最終話までの解説、そしてスタッフとなっています。

 中にはもちろん全巻購入特典用の用紙もあり。

 これはまた今度書こうと思いますが、期日は2009年8月31日までの予定となってますので、応募される方は気をつけて。



 それでは本編11話のあらすじから。

 前回、単身壺を奪ってタフォーラシアへ向かうポコタと、その後を追うリナたち。

 だが霧の中でポコタとオゼルを見失ってしまう。

 その頃、タフォーラシアの結界が解けて国へと戻ったポコタ。
 国民の復活のために神殿へ急ごうとするも、壺のレゾは夜でないと目覚めさせることができないといい、その時を待つことに。

 夜になり、タフォーラシアを訪れるリナたちだったが、神殿への道がわからず迷子になる。
 そこへゼロスが現れる。
 壺のことは相変わらず秘密らしいが、神殿への道案内を買って出てくれる。

 神殿へと辿り着くも、扉は封印されていて開かない。
 ゼロスが封印を解いて開いてくれるが、リナはゼロスの行動の真意を問うが、はぐらかされて消えてしまう。
 だがリナはそこから、ゼロスが自分たちに壺の後を追わせて何かしらの保険をかけているのだと確信を持つ。

 神殿の中、先を急ぐポコタとオゼルだったが、オゼルは過去のレゾとのやり取りを思い出し、壺へ複雑な視線を送っていた。

 ここでAパート終了。
 アイキャッチは以前のと同じ、4人組+1匹。


 Bパートはオゼルとポコタのアイキャッチから。

 神殿の中、後を追うリナたちだったが、中でも道に迷い、トラップに追われていた。

 一方ポコタたちは奥の国民たちが眠っている部屋へ。
 レゾはポコタに、本当にいいのか最後の確認をする。

 眠っているポコタの体を屋外へと運び出し、儀式を始めようとするも、次はオゼルが迷いだす。
 そこへゼロスが現れ、自分に壺を渡すように迫る。

 トラップに追われ、屋外へ飛び出すリナたちだったが、上部の方から爆発音が。
 そこへ向かうとゼロスとポコタが対峙しているところだった。
 リナはポコタへ、壺の秘密がわかるまで復活は待つべきだと訴えるがポコタは聞く耳を持たず攻撃を仕掛けてくる。

 壺を抱え戸惑うオゼルの前にゼロスが。
 しかしゼロスは復活しようがしまいがどちらでもいいとオゼルの選択に任せる。

 オゼルはレゾを復活させることを選ぶ。
 壺を割るポコタと、それを見守る一行。

 レゾと再会を果たし喜ぶオゼルだったが、言葉をつむぎ終えるとそのまま倒れ、動かなくなってしまう。
 そしてリナたちへと向き直るレゾ。

 今回はここで終了です。


 次回は第12話「Yesterdays memory 取り戻した日々」。

 ポコタの体を使って復活したレゾ。
 彼は何を語るのか?


 では今回の気になったこと。

 ガウリイ走って追いついてるよw

 リナはレゾが理由をつけて時間を稼ごうとするはず、って言ってたけど、ポコタに月の光がどうちゃらって言ったのは時間稼ぎのためだったのかな?

 丸い岩じゃなくて四角いブロックが転がってきたw
 けどあれ転がりにくそうだし、どっかでつっかかりそうな・・・

 デュクリスさんは森の住人になってそのまんま・・・?

 ゼルガディスさん、前回めっちゃご乱心してたのに今回普通w
 レゾ復活を凄い止めそうな感じなのに。

 何千もの魂が眠っている神聖な場所で物騒なことしちゃだめっ魔法使ってなかったのに、王子自身が物騒な方向に走ってるw

 ゼロスは、上からはレゾの復活を阻止しろって命令受けてるけど、本人はどっちでもいいってことかな・・・?

 レゾの復活って、依り代の近くで壺割るだけでよかったの・・・?
 そしてオゼルは、レゾが復活したら止まるように出来てたってことかな?

 とまぁ、なんだかいろいろ?が。
 あと2話でどうなるんでしょうね。



 自分の感情に従うことは大切だよね。
 旦那が子犬のような目で「一緒に狩りに行こうよ〜(´・ω・`)」と求めてきてもドラクエに走ろうが悪いとは思ってな(ry

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑よかったらクリックお願いします↑↑


posted by りび at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 神坂一作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。