2009年06月23日

スレイヤーズEVOLUTION-R 第4話「Quality time? 愛ある生活?」レビュー&感想?

 本日は昨日の続き、スレイヤーズEVOLUTION-R Vol.2収録、第4話「Quality time? 愛ある生活?」の感想です。

 ネタバレしたくないという方は先に進まれませんようご注意ください。

 それではまずはあらすじから。

 冥王の壺を探して旅する一行。
 町の食堂でナーマを問い詰めていると、半魚人のクッピーが2人の子供を連れて現れ、ガウリイにあなたの子供だと言い出す。

 1週間後、ガウリイはクッピー一家と暮らしていた。
 一方、町の食堂でやけ食いをするリナ。
 気にしていない風に行動しつつもついガウリイを呼んでしまい、とりあえず理由をつけてクッピーの元を訪れることにする。

 クッピー家の方、留守番するガウリイの元に訪れるリナたち。
 旅に戻らないかという仲間の説得にも、自分を慕ってくれる子供を置いていけないと断るガウリイ。

 クッピー家からの帰り道、買い物に出ていたクッピーと出会うリナたち。
 リナは目的は何かと問いただすも、のろけ話をして高笑いしながら去るクッピーに怒り心頭。
 思い通りにはさせないと策を練るリナたちの前に、1人?の半魚人が現れる。

 ここでAパート終了。


 Bパートのアイキャッチはガウリイ。

 崖の上でゼルガディスに思いを巡らせるクッピーの娘・ヤッピー。
 どうやら彼に一目惚れしたようだ。

 一方、先ほどの魚人と町に戻ったリナたち。
 話を聞くと、彼はクッピーの元旦那・トッピーで、ギャンブルと暴力が原因で別れてしまったようだ。
 また、海賊事件のあとクッピーは人が変わってしまったという。
 ゼルたちは、その後リナに売り飛ばされたことから、復讐心で今回のことを起こしたのではないかと疑う。
 ガウリイのこともあり、クッピーとやり直す為に力を貸してほしいというトッピーに協力し、クッピーの家に行くことになるも、ゼルガディスは壺を探すと1人別行動に。
 だが、食堂を出たゼルの前にヤッピーが現れて告白してくるも、呆然とするゼルガディス。

 そしてリナとトッピーはクッピーの家へ。
 アメリアとポコタ、ナーマが影から見守る中、2人+2匹で話し合うことに。
 なぜかメロドラマ的な台詞と雰囲気になっていく中、見守っていたはずのナーマまでそこに乱入したりウッピーが家出したりヤッピーがゼルを連れて戻ってきたり血の繋がった兄妹発言が飛び出たりポコタが暴れ馬に轢かれたりその後とにかくもろもろで混乱する現場。

 そこへ地響きが鳴り響き、クッピーたちは大いなる水の恵みが来るという。
 そして海の彼方からは巨大な津波が。
 なんとか空へ逃れて難を逃れた一行に、ナーマ曰く、この町には10年に1度、半魚人を迎えに巨大な津波起き、その前兆で、半魚人たちは行動がおかしくなるそうだ。
 残念がるガウリイを励まし、壺探しの旅へと戻る一行だった。



 と、そんな感じでございます。

 4話ももちろんギャグ回でしたが、これは言葉で説明するのが難しいw

 とりあえず怒涛の昼メロ展開(特に後半)が笑えましたw

 この泥棒猫|_・)とか、一時期LSの挨拶で流行ったなぁ・・・

 その時は某ファンタのCMもあったし、リーダーと副リーダーが何かあるごとに言ってたせいだと思いますw

 一言だけ言うなら、ちょ、ガウリイ、お前それでいいんかよっwwっwwwとw

 あと、なんだかんだいいながらもガウリイのこと気にしたり照れたりするリナがかわいかったですw

 とりあえずこの回は勢いのある回なので、文章で見るより、どこかで目にする機会があれば実際に見てもらうのが一番いいと思いますw



にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


posted by りび at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 神坂一作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。